お知らせ ビープラウド、機械学習・データ分析の問題をオンライン学習サービスPyQにて提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

11月

30

続・SmalltalkとCI | 第106回 Smalltalk勉強会

Smalltalkでのチーム開発で必要なCIの話をします

主催 : mumez

ハッシュタグ :#st_study
募集内容

参加枠1

無料

先着順
2/10

イベントの説明

タイトル

「続・SmalltalkとCI」

概要

2015年の第81回Smalltalk勉強会で秘伝のイメージファイルを大事に育てるのではなく、チームで開発する上で必要なイメージの定期的なビルドの仕組みについて話しました。2年が経過してSmalltalkの世界のCI状況も変わってきました。 image builderの簡単なおさらい、チーム内メンバーでのGitベースでソース共有するSTree、Travis CI、SORABITOの最新イメージビルド方法について語ります。

日時

2017/11/30(木) 19:00-21:00

会場について

  • 東京メトロ 日比谷線 6番出口すぐ
  • 東京メトロ 東西線 6番出口すぐ

SORABITO株式会社 東京都中央区日本橋茅場町1丁目9番2号 第一稲村ビル8階

参考

Pharo 6.1はこちら。 http://pharo.org/download

Squeak 4.4-ja はこちら。 http://sourceforge.jp/projects/squeak-ja/downloads/59208/Squeak4.4-ja-all-in-one.zip/

VisualWorksはこちら。 http://smalltalk.cincom.jp/main/products/visualworks/

Amber Smalltalkはこちら。 http://amber-lang.net/

VA Smalltalkはこちら。 http://www.instantiations.com/products/vasmalltalk/

Cuis Smalltalkはこちら https://github.com/Cuis-Smalltalk/Cuis-Smalltalk-Dev

発表者

newapplesho newapplesho

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

newapplesho

newapplesho さんが 続・SmalltalkとCI | 第106回 Smalltalk勉強会 を公開しました。

2017/11/07 17:40

続・SmalltalkとCI | 第106回 Smalltalk勉強会 を公開しました!

グループ

Smalltalk-users.jp

イベント数 18回

メンバー数 83人

開催前

2017/11/30(木)

19:00
21:00

イベントに申し込むには
ログインしてください

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

募集期間
2017/11/07(火) 17:40 〜
2017/11/30(木) 21:00

会場

SORABITO株式会社

東京都中央区日本橋茅場町1丁目9番2号 第一稲村ビル8階

SORABITO株式会社

参加者(2人)

newapplesho

newapplesho

久しぶりに話します。 続・SmalltalkとCI | 第106回 Smalltalk勉強会 に参加を申し込みました!

Masashi Umezawa

Masashi Umezawa

続・SmalltalkとCI | 第106回 Smalltalk勉強会 に参加を申し込みました!

参加者一覧(2人)